パーテーションの活用方法

置型のパーテーションは、従業員が使用するデスク間に設置して視線を遮って防音を目的として設置します。これにより業務に集中できる環境を簡単に作ることができるため広く利用されています。また、フロアをレイアウトしやすいため活用されます。
また、施行型なら密閉性が高まりますので、応接時の来客のプライバシーを守ったり、気密性の高いフロアを切り離してセキュリティを強化したりするために活用されます。

パーテーションの種類とそれぞれの特徴

男性

連結タイプ

置型の中でも最も一般的なパーテーションであり、シンプルな構成で簡単に導入できるのが特徴。またツメや磁石で連結していますので枚数の調節も簡単です。しかも、いろいろな素材に対応していますので、使用目的に併せて選ぶこともできます。

折りたたみ式

自立しており収納や移動が容易、また立ち幅の調節できるため状況に合わせて設置することが可能です。三連式やアコーディオンタイプなどがよく見かけるタイプです。一時的なスペースが必要になる、特設会場やミーティングスペースの確保に役立ちます。

フラワーボックス

オフィスに観葉植物を設置するとともに、簡易的な間仕切りとしても機能するタイプです。健康的で爽やかな空間を演出しますので、利用者の印象が良くなりリラックスできます。来客対応や休憩のためのスペースへの設置が向いています。

アルミパーテーション

天井まで届く間仕切りタイプのパーテーションであり、一般に工事が必要となります。素材がアルミであるため、加工がしやすく価格も安いのが特徴です。また、掃除やメンテンナンスも容易です。ガラスと組み合わせるなどバリエーションも豊富です。

スチールパーテーション

本格的な間仕切りタイプであり、耐火性能を備え防音機能があります。会議室なで特定のスペースに向いています。しかも、仕上がりも美しいため来客スペースにも最適です。ただし、アルミタイプと比較して、工事に要する期間も長くなり費用もかかります。

コスト削減したいならコチラの業者に即相談♪

集中力を高めることもできる【パーテーションの重要性とは?】

男女

賃貸オフィスが人気の理由

一般的なオフィスを契約すると、家賃以外に高額な保証金(家賃12ヶ月分など)を支払う必要があります。その点、賃貸オフィスであれば、家賃1~3ヶ月分程度であり、より安くすみますので人気です。しかも家具類があらかじめ設備され、新たに買い揃える必要がありません。例えば大阪で起業する人にとっては初期費用を抑え、事業が軌道に乗るまでの間の経済的なリスクを低減できるため大いに利用するべきでしょう。