HOME>イチオシ情報>初期費用を節約できる!賃貸事務所を活用してコスト削減する方法

賃貸事務所の仕組み

賃貸契約を結ぶことで、自社で占有できるオフィスを確保できるものです。来客の受付や電話の取次をプロが対応しますので、立派な社屋があるのと同等の信頼感を得ることが可能です。

初期費用を節約できる!賃貸事務所を活用してコスト削減する方法

オフィス

賃貸事務所でコスト削減を狙おう!

自前の社屋と同等のオフィスを持つことができるのがメリットの一つです。古くから利用されており、社屋を持つよりもコスト削減に寄与するオフィス形態です。
自社オフィスやレンタルオフィスと比べてメリットやデメリットそれぞれありますが、これらと比較してコスト低減できるケースをみていきましょう。

賃貸事務所の利用でコスト削減できる理由

女性

初期投資費用

自社オフィスを構えるより、建築費用がかからず初期費用を安く抑えることができます。ただし、長期の使用によるトータル費用と賃料値上げには注意。

オフィス移転

オフィス移転がしやすく余計な費用をかけずに済みます。しかも賃料やランニングコストがより安い物件を選びコスト低減を図ることが可能です。

維持費用が安い

レンタルオフィスよりも維持費用が安く、長期ではトータル費用が安くなります。賃貸契約を継続し続けるなら、どちらが有利になるのか要検討です。

賃貸事務所の契約を結ぶ時の注意点

契約はいずれ区切りをつける時がきますので、賃料の見直しや更新方法についてはあらかじめ確認しておきましょう。契約終了時の敷金の返還方法や、原状回復の条件も同様です。

賃貸事務所とレンタルオフィスの違い

初期費用と維持費用

初期費用についてはレンタルオフィスが安く有利ですが、維持費用は高めなので利用期間が長くなるなら貸事務所を利用した方が安くなる場合があります。

利用開始までの期間

レンタルオフィスならあらかじめ家具類や内装が完備されていますので、すぐに使い初めることができます。貸事務所は内装が必要なので時間がかかかります。